仕事・副業

2021年5月追記|クァンダ先生で12万稼げた理由4選【15-16時にやるべし】

概要

QANDAは、150万DLのPlayストアでNo.1人気の数学検索アプリです。(Google Playストアより)

そこで、先生への1対1質問、という機能があり、私達は、そこで適切な解答をすることで、報酬を得ることができます。

時間の制約なくスキマ時間にできるアルバイトをお探しですか?数学や理科の問題を解くはの得意ですか?

これからクァンダの先生向けアプリでいつでも、どこでも、気軽に問題を解いて、お小遣いをゲットしましょう。

クァンダの先生向けアプリは数学、理科の問題に自信のある方々のための最高のモバイル家庭教師アプリです。

Google Play

私も、先生としてここで活動をはじめ、なんと、

\半年で12万/

の報酬を受取りました!

まだ換金していない分をあわせると、+4万円あるので16万くらいになります。

実際の報酬の記録がこちら。

f:id:meehow:20201111153358p:plain
QANDA報酬

6月にスタートして、現時点で12万5千ほど現金収入を得ています。

しっかりやった月は、一ヶ月で6万ほど。

換金していない分もあわせると「最高額は月78,673円」でした。

※現在の状況は、開始から半年で解説数2.7K(2700問)、お気に入り生徒数は約580人。

※先生として登録するには、ある程度の学歴が必要とされますが、そこさえクリアすれば、特段筆記試験や面接等が要されることはありません。))

大学の条件は、割と幅広いです。

旧帝大や地方国公立、MARCHはもちろん、その他あまり名前を聞いたことがない大学も入っており、条件はさほど厳しくないと見られます。

まずは登録画面で確認してみるのもよいかと思います。

解答の流れとしては、以下。

問題の解答方法
- ご自身で解きたい問題を選択してください。
- 問題の難易度が高いと、獲得出来るポイントも高くなります。
- 全科目(数学、理科、英語、国語、社会)の問題の中から自由に選ぶことができます。
- 平均5問を解くことでスターバックスのコーヒー1杯分のお小遣いが得られます。 

(Google Playより)

細かい利用の流れや、メリット・デメリットは、よく外のサイトでも紹介されているので、ここでは、どうしてここまで稼げたかについてまとめます。(QANDAってなに?どうはじめるの?という方は、別のサイトをご覧ください。)

稼げた理由4選!

正直、月8万近い報酬額というは、登録者の中でもかなり高い方だと思います。

では、どうしてそこまで稼げたのか。

  1. 最初は、ランク上げに集中した
  2. 問題を見極めた
  3. 取り組む時間帯を工夫した
  4. レビューを生徒に依頼した
  5. (番外編)生徒から「コインのプレゼント」を数回もらった

上記を順番に解説していきます。

問題数をこなし、ランク上げに集中した

最初は、小~中学生の問題を中心に、数を稼ぐことに専念しました。

ランクアップには、問題数や満足度、低い報告率、等の条件が必要となります。

ですが、ランクがあがると、問題あたりのボーナスコインが与えられるため、その後の時間単価をあげるのに、かなり有効です!

f:id:meehow:20201111221128j:image
f:id:meehow:20201111214148j:image

初めてs+ランクになったときの解答状況

もちろん、数をこなすことに躍起になり、雑な解答で報告をされないよう注意が必要です。

時間単価が高くなるよう、問題を見極めた

本来は問題の選りすぐりは教育するものとしてはよくないですが、背に腹は代えられません。最初は、グラフ問題やデータの分析の問題はなるべく避けました。逆に、人が面倒くさがるけど、一度解答をつくれば楽な作図問題は率先して取り組みました。

その他、極端に難しい問題は避け、基本的に「5分以内に解答できる問題」にフォーカスして取り組みました。

取り組む時間帯を工夫した

ポイントは、「ライバルが少なく、(コイン稼ぎに)良質な問題が揃う時間帯を狙う」ことです。問題数をこなすのに最適な小学生問題は、「平日15時~16時」に集中して投稿されます。私はこれを、勝手に「QANDAのゴールデンタイム」とよんでいました。ランクがあがればボーナスコインが問題ごとに付与されるので、簡単な問題で数をこなすことが時間単価を上げるのにベストだといえます。

それ以外に、6~8時の早朝時間帯も、ライバルが少なくおすすめです。22時~25時あたりも比較的ライバルは少ないですが、大学受験レベルの難問ばかりなので、数をこなす戦法には最適とはいえません。

レビューを生徒に依頼した

レビューが多いと、他の生徒からの「指名質問」がもらいやすくなります。

セッションの最後に、

「もしよければ、お気に入り登録と評価をいただけると嬉しいです😄」

といったかたちで、

生徒目線のレビューを書いてもらうようにしていました。

(番外編)生徒から「コインのプレゼント」を数回もらった

この機能は、私もよくわかっていないのですが、突然「生徒からポイントのプレゼントを受け取ろう」などのメッセージがきたことがあります。

そこには、「こんにちは。」や、「かわいい」などの一言メッセージと共に、2000~3000コインが。

承認するとそれを受け取れました。

特に問題の解説もしていない知らない方からでした。

f:id:meehow:20201111214028j:image

「そこからへんなチャットのやりとりでも始まるのかな、いやだな。。」なんて、最初は警戒していましたが、その後メッセージが続く、等はなくそれっきり。なんだったのでしょうか?笑

おそらく、「人気の先生」や、「稼働率の高い先生」などがページ上部にでる等ピックアップされ、そこから写真や解答実績をみて送ってこられたものと思われます。

なお、問題を解答したときにもらえる「丁寧な解答へのボーナスコイン」や、「先生へのお礼の追加コイン」とは別物です。

ちなみに、解答の作成方法としてタッチペンをつかってみたり、スマホでなくタブレットで解答してみたりと色々実験しましたが、私は紙に書いてそれを写メって送る、というのが一番はやくてやりやすい、と実感しました。

追記

上記、紙に書くのが一番、と書いていますが、

今は「iPad×ペンシル」が最強だと思っています。

グラフや、図に書き込みができるので圧倒的に早いです。

高校の長い記述問題など、筆記料が多い場合は紙と鉛筆がベストです。

あとは、とにかく自分をたきつけてかなりの時間をかけてやりました。(一日最大128問)

移動時間や、早朝・夜遅くに取り組む、一日のノルマを課して取り組む、解答数をノートにまとめてモチベーションを保つ、等々。

おわりに

上記、少し特別な例ですが、QANDAに取り組んだ実例をもとに記載しました。

以下の記事では、クァンダで、最高瞬間風速(最高報酬)を得た月の、具体的な行動を分析してみました!

どなたかの参考になれば幸いです。

-仕事・副業
-, ,

© 2021 ぽん子の自由帳 Powered by AFFINGER5